【在住者おすすめ】ポルトガル・テルセイラ島で行くべきカフェ3選 プライア・ダ・ヴィトリア編

2020.04.22

 

日本人にはあまり馴染みのないポルトガル領「アゾレス諸島」。大西洋の真ん中に位置するこの島々は近年ヨーロッパからの旅行者を中心に人気の旅先となっています。

今回はリスボンから飛行機で2時間半で行ける、アゾレス諸島で2番目に栄えている島「テルセイラ島」に在住する筆者が、「プライア・ド・ヴィトリア(Praia da Vitoria)」という街でおすすめのカフェを案内します。

 

□Pastelaria Da Graca

 

 

住所: R.de Jesus 12ª, 9760-478 Praia da Vitoria

こちらは街のメインストリートにある地元の人たちに大人気のお菓子屋さんです。

メインストリート入ってすぐ、市場のすぐ隣にあるので、お店は小さいですが見つけやすいと思います。

こちらは焼き菓子に力を入れていて、毎日常時20種類以上もの品ぞろえがあり、目移りしてしまいます。その中でもおすすめは、テルセイラ島名物菓子である、「ドナ・アメリア」と「ケイジャーダ・プライア」というこの街の名物菓子です。

 

 

わかりづらいですが、向かって左側が「ケイジャーダ・プライア」、右側が「ドナ・アメリア」です。

食べ歩きが好きで、島中のケーキ屋で食べ比べをしましたが、こちらのお店の焼き菓子たちは、抜きんでて美味しいです。

他にも、キッシュや総菜系のパン、サンドイッチや甘いパンなどもあるので、週末ともなるとここで家族で朝食をとるのが日課になっています。

店内には、テーブル席が4席ほどしかないのですが、道路を挟んで向かい側に公園があり、そこのベンチで、写真のように季節の草花を眺めながら食べることもできます。

 

 

また、公園内にランチ・ディナータイム時のみオープンする店舗も出しているので、ピザやランチプレートなどの食事も楽しめます。テラス席があり、天気の良い日にはとても開放的で気持ちのいい気分で食事が楽しめ、大変おすすめです。

 

店員さんは英語は片言しか通じませんが、皆とてもフレンドリーなので、がんばって片言のポルトガル語で話しかけてみてください。皆とても喜んでくれて、一気に距離が縮まりますよ!

 

 

□Cervejaria Santa Cruz

 

 

住所: Praca Francisco Ornelas da Camara,9760-000 Praia da Vitoria

メインストリートを真っ直ぐ行くと、突きあたりに広場があり、こちらのお店があります。

店内には大きなショーウィンドウがあり、一口サイズの焼き菓子をはじめ、ホールケーキや、パンなど豊富な品揃えです。

おすすめは、オレオクッキーを入れて焼き上げた、一口大のオレオタルトです。

ここテルセイラ島ではオレオクッキーを使ったケーキが人気のようで、いろいろなバージョンのオレオクッキーを使ったデザートを街のいたるところで目にします。

 

 

筆者はこのタルトに、「ガラオン」という飲み物をいつも一緒に頼み、テラス席から広場を行きかう人々を眺めながら、ゆったりとコーヒーブレイクを楽しんでいます。 「ガラオン」というのは、カフェラテのようなドリンクで、エスプレッソにたっぷりの泡立てたあたたかいミルクを混ぜたポルトガルならではのドリンクです。

また、食事メニューも豊富にあり、ランチ時にはその日獲れた新鮮な魚を使ったランチプレートがなんと6ユーロで食べることができます。スープやサラダもついており、とてもお得な価格設定です。

 

 

クリスマス時期になると、広場にはスケートリンクがたてられ、イルミネーションで飾られた景色を楽しむことができ、冬にもかかわらずテラス席にはいつも人があふれています。

 

 

Zodiaco

住所: R.da Misericordia 11, 9760-508 Praia da Vitoria

こちらは、ビーチの真ん前にあるカフェで、景色が最高のカフェです。

 

 

ヨットハーバーに停まるヨットや、マリンスポーツを楽しむ人たちを眺めながらのコーヒーブレイクはとても贅沢なひとときです。

ビーチ沿いには数件レストランやカフェが並んでいるのですが、朝早くからオープンしているお店はこちらのみです。 筆者は、朝3歳の娘を幼稚園に送ってから、そのままビーチ沿いを散歩し、ここでコーヒーブレイクをすることが毎朝の日課になっています。

コーヒーとケーキを頼んでも、2~3ユーロとその安さにはいつも驚かされています。

 

 

こちらでは、ポルトガルの定番お菓子である「パステル・デ・ナタ」を頼むことが多いです。

生地はあまりサクサクではないのですが、中のクリームがシナモン風味で、コーヒーとよく合います。

こちらにもテルセイラ島名物の焼き菓子である「ドナ・アメリア」があり、しっとりとしたスパイスの効いた生地がとても美味しいです。

筆者がテルセイラ島に引っ越して間もなくのころは、何を頼んでいいのかわからず、とりあえずどこでもパステル・デ・ナタを頼んでいたのですが、ある日パステル・デ・ナタが売り切れていて、店員さんが島名物であるドナ・アメリアの存在を教えてくれ、おすすめしてくれました。

 

店内のバーカウンターの横に、小さなショーウィンドウがあるので、のぞいてみて気になるものを指さして頼んでみてもいいと思います。

 

 

□(番外編)スーパーマーケット「Continente」

 

 

住所: Estrada da Circunvalacao 9760-400 Praia da Vitoria

こちらはポルトガル大手のスーパーマーケットで、メインストリートから徒歩で5分もかからないところにあります。

こちらのスーパーは品ぞろえもよく、お土産を買うのにもおすすめの場所です。

筆者は、買い物帰りに店内併設のカフェで、休憩するのがお決まりコースとなっています。

大きなショーウィンドウには、焼き立てのパンやサンドイッチ、ケーキなどが並び、おなかが空いていない時でも、ついつい何か頼んでしまいます。

おすすめは、「ケイジャーダ・マラクジャ」、「パステル・デ・ナタ」、「キッシュ」です。

ケイジャーダというのは、チーズを使ったポルトガル伝統のお菓子で、ココナッツを使ったものや、フルーツを使ったものなど豊富にバリエーションがあり、ここのカフェでも様々な種類が売られています。 その中でも、特に美味しかったのが、「ケイジャーダ・マラクジャ」というパッションフルーツを使ったものになります。

パッションフルーツの酸味と、底の生地のどっしりとした甘さのコンビネーションがよく、サイズも一口サイズでぺろりといけてしまう美味しさでした。

 

パステル・デ・ナタは、いつも焼き立てがこんもりと並べられていて、その美味しそうなビジュアルからついつい頼んでしまいます。焼き立てに運よく立ち会えたら、ラッキーです。

 

軽食を食べたいときには、サンドイッチよりかはキッシュを頼むことをおすすめします。

サンドイッチは可もなく不可もなく、といった味なんですが、キッシュは行く時々でいろいろな味に出会え、筆者が食べたほうれん草のキッシュはとても美味しかったです。

 

 

テルセイラ島は、いたるところに牧畜風景が広がるのどかな島でありながら、メインの街であるプライア・ド・ヴィトリアとアングラ・ド・エロイズモは美しいヨーロッパの街並みで、年中何かしらのイベントがある、見どころ満載の島です。今度のバケーションの候補にいかがでしょうか。

YU
国別カテゴリー


人気のライター
c17toi (8 の記事)
60% Complete
Shasa (7 の記事)
60% Complete
Enya (7 の記事)
60% Complete
YU (6 の記事)
60% Complete
Futakaze (6 の記事)
60% Complete
kozue (5 の記事)
60% Complete
Momika (5 の記事)
60% Complete
Kareren (5 の記事)
60% Complete
_alimgmg_ (5 の記事)
60% Complete
cchandamm (5 の記事)
60% Complete
kazunoko (4 の記事)
60% Complete
Keihan (3 の記事)
60% Complete