アメリカグランドサークル旅 格安ホテルで格安!激うま!ビュッフェを食べる!

2020.04.28

 

皆さんこんにちは! Enya(えにゃ)です!

世界中でホームステイやボランティアをしながら世界一周してきました!(訪れた国は30か国)

そんな私が今回オススメするのは、アメリカグランドサークル旅終盤で食べた、

格安激うまビュッフェです!

 

 

■私が宿泊した格安ホテル

 

 

私は、アメリカのグランドサークルと呼ばれる、グランドキャニオンやアンテロープキャニオン、その他の沢山の自然豊かな国立公園が集まる地域をレンタカーで10日間ほど旅をしてきました。

そんなレンタカー旅の間は、なるべく車中泊と、モーテルと呼ばれるアメリカの安宿に宿泊し節約しながら旅をしており、そんな旅の終盤、当日にネットで目星を付けていた格安ホテルに泊まりました。

そのホテルは、VIRGIN RIVER HOTEL です。2人で1泊3000円、ダブルベッドが部屋に2台あるかなり大きなお部屋で、しかも清潔という素晴らしいコストパフォーマンスのホテルでした。

いつもは近くのスーパーや安いファストフード店へ行って夕食を済ませていましたが、

ホテルでディナーが食べられるような設備が付いているホテルに泊まることがなかなかなかった私は、

「今日くらいホテルディナーでも食べてみよう!」と思い、ホテルディナー探しへ繰り出しました。

このホテルはカフェやショップだけでなく、カジノもあるような1泊1500円とは思えない豪華なホテルでした。そんなホテル内を散策していると、ビュッフェと書かれた一つのお店を見つけました。

そして店員さんに話を聞いてみると、

「1500円でビュッフェを食べられるよ!良かったらなんの食べ物があるのかチェックしてきてもいいよ!」と言うのです。

ホテルディナーなら安くても3000円以上はかかるだろうなあと覚悟していたので、1500円と聞いてすぐに、私たちはこのお店で食べることに決めました。

 

 

■安かろう悪かろう・・・?ビュッフェの内容は?

 

 

値段の安さに惹かれて、ビュッフェの内容を確認せずにお店に入ってしまった私たちは、早速ビュッフェ内容を確認しに行きました。

すると・・・このビュッフェは心配するどころか、豪華すぎて逆に心配になってしまうほど素晴らしいビュッフェでした。

上の写真は、牛と鳥のステーキをその場で切って貰っているところです。

「アメリカのステーキ食べれたらうれしいね!」

と友達と話していましたが、実際にかなり贅沢なステーキに出会い、それも自分の好きな分だけ食べられるなんて・・・夢かと思いました。

ステーキ以外にも、ピザ、パスタ、スープ、魚、野菜、他の種類豊富なお肉料理もかなり豊富に用意されていて、ドリンクもお酒以外は飲み放題で(お酒もスーパーで購入できるような金額で購入できます)落ち着いた雰囲気の素敵なレストランでした。

あまりに美味しそうな料理ばかりが並んではしゃいでいた私たちですが、この頃は安いスーパーのご飯か、ジャンキーなハンバーガーばかりを食べていた私たちにとっては、美味しくて新鮮な野菜を食べられる点も良かったです。

アイスクリーム、ケーキ、そして豊富すぎる量のフルーツも並んでおり、久しぶりのビュッフェは、天国そのものでした。

 

 

■肝心の料理のお味は・・・?

 

 

やはり気になるのは、この安さで本当に料理は美味しいのか・・・?

という点ではないでしょうか。

私たちも、見た目は最高だけど、「お肉はかたくないか?」など、まだまだ不安は尽きなかったのですが、ここでも心配は必要ありませんでした。

最高に美味しかったです。

まずはステーキ。

アメリカのステーキは、塩コショウの味付けのみが付けられており、それ以外は付属のステーキソースなどをお好みで付けて食べます。

私もはじめは塩コショウのみの味付けのステーキを食べたのですが、これが本当に美味しかったです!お肉本来の味を楽しめてかつ、ナイフで切らなくてもいいくらいの柔らかいお肉で、このお肉だけで元が取れてしまうのではないかと思えるほど美味しいステーキでした。

野菜も新鮮でシャキシャキ、フルーツも新鮮で、もちろん他の料理の味付けも日本人好みの濃すぎず薄すぎず、繊細な味付けがされている料理が多いと感じました。

スイーツに関しては、やはりアメリカ。とにかく甘いだけのケーキなどもありましたが、

かなり満足のできるビュッフェのクオリティでした。

貧乏旅行の醍醐味は、いつも贅沢しないからこそ、たまにする贅沢が信じられないほど幸せに感じられる点ではなないでしょうか。

 

 

■終わりに

 

 

今回紹介したホテルディナーは、正直に言ったら日本の普通のレストランやホテルでも食べられます。しかし、敢えてこの記事でこのディナーを紹介したのは、私たちと同じように節約しながら旅をしている人たちに是非知ってほしいと思ったからです。

私がこのホテルディナーをした時は、アメリカ料理の雑な味付けに飽き、過酷な車中泊旅を続ける中で、さすがに体力の限界が近づいている時でした。そんな時にこのホテルに泊まり、とてつもないしあわせを感じられた経験が最高の宝物です。

アメリカでは、レンタカーでアメリカ横断をしたり、私たちのようにグランドサークルを周る旅行者に沢山出会いました。

日本人旅行者でも、同じように節約しながら旅をしたり、各地でキャンプをしながら旅をする人も沢山いました。そんな方々が、旅の締めくくりや、少しリラックスする際に、是非このホテルに寄って、私たちのようにお金を気にせず贅沢できる幸せを少しでも味わってくれたらいいなと思い書かせていただきました。

ツアーや豪華旅行しかしないという方々も、こういう旅スタイルもあるんだ!と私の旅の経験談を通して知ってもらい、バックパッカー旅ならではの楽しさを感じてくれる人が増えたら嬉しいです。

最後まで読んで下さりありがとうございました♬

国別カテゴリー


人気のライター
c17toi (8 の記事)
60% Complete
Shasa (7 の記事)
60% Complete
Enya (7 の記事)
60% Complete
YU (6 の記事)
60% Complete
Futakaze (6 の記事)
60% Complete
kozue (5 の記事)
60% Complete
Momika (5 の記事)
60% Complete
Kareren (5 の記事)
60% Complete
_alimgmg_ (5 の記事)
60% Complete
cchandamm (5 の記事)
60% Complete
kazunoko (4 の記事)
60% Complete
Keihan (3 の記事)
60% Complete