コーヒーと灰色のケーキ? 独自性ある人気上海カフェとは?

2020.05.01

 

上海にはオシャレなカフェがたくさん。上海のオシャレなカフェだけで一冊本にまとめて売っているのを見かけたことがあります。それほどカフェが多い上海は観光客に人気の街です。その中で気になった、白とシルバーで基調されているカフェ『M stand』にはオシャレで尚且つ他のカフェとは違う独自性あるポイントがたくさん。一体『M stand』とはどんなカフェなのか、今回ご紹介いたします!

 

 

■『M stand』の統一された外観

 

 

人気の『M stand』は上海に3店舗。その中でも緑豊かな公園が集まる“华山绿地“の近くにある『M stand华山路店』に今回は行ってきました。緑豊かな木々が並び、街並みは少しレトロチックな場所にポツンとこのカフェはあります。周りも交通量がそれほど多くはなく、静かでいい気持ち。外観は全てが白で統一されており、黒い銅像が一つ、外の席が2席、入り口左には小さな窓があり、何人かの配達員がコーヒーやケーキの袋を持って出入りしていました。ここのカフェは、ドリンクやケーキの配達サービスも行っているようです。

店内に入ると左側にオーダーできる場所、その壁にはコーヒー豆の袋が並び、コーヒーには自信があるのか、独自でブレンドしたコーヒー豆たちが数種類並んでいました。ここで出しているコーヒーの豆も購入できるようです。これはコーヒーの味に期待できそう。

外国人の方がたくさん訪れるのか、レジ前で何を頼むか悩んでいる私に、優しく店員さんがオススメを指差してしっかり教えてくださいました。メニューは壁に貼ってあり、そのメニューにも英語と写真が記載されているので、内容も理解できました。お会計の時、MacBook や I pad を使ったレジを採用していて、スマートでいいなあと感じました。お会計を済ませたら、席について待つのみです。

 

 

■ステッカーも上海カフェ巡りのうちの楽しみ

 

 

私が訪れた時は、お客さんは他に2人しかおらず、静かな店内でした。小さな店内に大きなシルバーのテーブルがドンと置かれていて、自由に読める雑誌も何冊か置いてありました。私が座った席のすぐ後ろにはストローや砂糖が置かれ、セルフで持っていくようでしたが、その横にはたくさんの紙のようなものが。何かなと近づくと、それは自由に持って帰ってもいいステッカーでした。このカフェ『M stand』の名前がしっかり入っていて、この際せっかくなので、遠慮しないで記念に何枚かもらわせていただきました。日本ではなかなか見たことない、ステッカーをプレゼントするスタイルに驚きました。上海のカフェでは競争率が高く、どのお店もだいたいステッカーを置いてあるのだとか。上海カフェのステッカーを集めている人も多くはないはず。

私は今回アイスコーヒーとケーキを頼みましたが、待っていると運ばれてきたのはホットラテ。びっくりしておどおどしていると、店員さんがそれに気づいて、「間違えました、すみません」と丁寧な対応でアイスコーヒーとケーキと取り替えてくれました。海外のカフェに行くと、小さなハプニングにもおどおどしてしまいます。何はともあれ、運ばれてきたコーヒーとケーキ。ここのカフェのどんなところに独自性を感じ、こんなにも人気なのか、その理由はお店の統一感や、もちろんステッカーがもらえるだけではなく、コーヒーとケーキにありました。

 

 

■灰色のケーキが売り! その名もセメントチーズケーキ?

 

 

頼んだケーキはその名も「水泥芝士蛋糕(セメントチーズケーキ)」。丸く白いお皿に大きなMの文字はこのカフェならでは。まず見て驚くのはそのケーキの見た目。なんと全部が灰色、そして名前までもが「セメント」と灰色を連想させるもの。店員さん曰く、このケーキがこのカフェでいちばんの人気商品なのだそう。メニューにはたくさんの見たことのない灰色のケーキが並んでいたので、このカフェの独自性はこの灰色に間違いなし。

ケーキ上部はセメントを波立たせて作られたようなクリームの模様がありセメントにそっくり。セメントの味がするのか・・・?と不安になりましたが、一口食べるとその不安はどこへ行ったのか。濃厚なチーズが口いっぱいに広がって、味は本格的なレアチーズケーキ。ほのかに優しい酸味を感じ、後ろからチーズが勢いよく追いかけてくる。濃厚すぎて、いい意味でコーヒーや紅茶が必須かなと感じました。下のタルト生地はチョコレート味になっていて、このチョコレートタルト生地もチョコレートとバターの味が濃厚。このチョコレート味が、酸味とチーズのバランスをうまく保たせる役割をしていて、このチーズケーキにはこのタルト生地じゃないとダメ、と思わせるほどマッチ。見た目で人を驚かせ、食べればその美味しさに驚かされる、そんなケーキです。

 

 

■一杯一杯のコーヒーのこだわりに感動

 

 

そしてケーキと一緒に頼んだ「冰美式咖啡(アイスアメリカンコーヒー)」は一口飲んだらこのカフェがコーヒーに力を入れていることがすぐにわかりました。コーヒー豆は種類によって、酸味が強かったり、苦味が強かったり。また抽出方法によって濃さや薄さも変わるもの。私は市販のコーヒーも、カフェの本格的なコーヒーもたくさん飲んできましたが、ここまでコーヒーのいいところを最大限に出せている一杯のコーヒーを初めて飲みました。ここのカフェは数種類の有名なコーヒー豆(アラビカやケニアなど)をさらに独自にブレンドして、苦味や酸味を考えて作っているようです。苦味が先に来て、その次にちらっと酸味が訪れ、飲み終わって酸味で終わるかなと思ったら苦味で終わる。味は複雑だけど、全体的にはまとまってシンプルな味に。このカフェのコーヒーには、砂糖は混ぜないで飲むのがいちばん美味しく飲むことができると思いました。

このコーヒーに感動し、ケーキとコーヒーを飲み終わった後、レジ近くにあった「冷萃咖啡(コールドブリュー)」を一つ買って帰ることにしました。この瓶がまたオシャレで、取っておきたくなるほど。「ありがとうございました、気をつけてくださいね。」と優しく見送ってくださった店員さん。またこのカフェを訪れたいなと心から思いました。気になってすぐにお土産として買った「コールドブリュー」を早速一口。時間をかけて1滴1滴抽出したコーヒーは、先ほど飲んだアイスコーヒーよりも若干酸味が強く爽やかな味。もっとたくさんのコーヒーを飲み比べしたかったなと感じました。

 

 

上海にある『M stand』。3店舗も出店する人気の秘密は「灰色ケーキ」と「コーヒー」の見た目と味にありました。オシャレで統一された店内で嗜む、ここだけのケーキとコーヒーを、是非体験して見てください。

国別カテゴリー


人気のライター
c17toi (8 の記事)
60% Complete
Shasa (7 の記事)
60% Complete
Enya (7 の記事)
60% Complete
YU (6 の記事)
60% Complete
Futakaze (6 の記事)
60% Complete
kozue (5 の記事)
60% Complete
Momika (5 の記事)
60% Complete
Kareren (5 の記事)
60% Complete
_alimgmg_ (5 の記事)
60% Complete
cchandamm (5 の記事)
60% Complete
kazunoko (4 の記事)
60% Complete
Keihan (3 の記事)
60% Complete